仕入れと紅茶の四方山話

ゴールデンティップ(芯芽)について


ゴールデンティップについて

.

紅茶には、ゴールデンティップを呼ばれる白い茶葉が入っていることがあります。
このゴールデンティップは紅茶の等級を決定するうえで非常に重要なものです。

.

では、ゴールデンティップとはなんなのか、というと・・・

.

.
紅茶は、本来一芯二葉と言って、枝の先の芯芽とその下の二枚の葉を摘み取ります。
この芯芽がゴールデンティップになる葉です。

.

この先端の物が芯芽、これはかなり小さい。

.

芯芽は、葉が生えて間もないので酵素や他の成分が少なく、発酵の過程を経ても色が変わりにくく白、あるいは薄い黄色の茶葉になります。(生えてある程度成長している芯芽は黒く発酵する場合もあります。)
この芯芽、発酵の度合いが浅いので渋みは少なく味は薄いですが、香りを濃く持っているとされています。

.

.

紅茶の命は香りです。
.

香りのよい紅茶ほど等級が高いので、ゴールデンティップを多く含んだ紅茶は等級が高く、価格に露骨に影響します。

芯芽だけを集めて作った異常に手間をかけた紅茶も存在し、美味しいもんだからそれを喜んで仕入れて、仕入れ値が高すぎて商売にならず、後で後悔する馬鹿な紅茶商人もいます。

.

.
当店の紅茶は、店主が死ぬ思いでネパールの山奥まで行き、実際にティスティングして選んできた紅茶です。

その味を伝えるには、飲んでいただくのが一番ですが、
当店の紅茶がゴールデンティップを多く含む最高等級の紅茶であることについては、写真を見ていただけば伝わると思います。

.

当店の紅茶。多く含まれた白いゴールデンティップが最高等級の証。

.


ちなみにいわゆる大手の紅茶には、ゴールデンティップが含まれていることはまずないです。
何故入っていないのか?という部分については言及しませんが、ゴールデンティップが入っていないという事は、それだけ低い等級の紅茶だということです。

.

紅茶の等級を表す「S.F.T.G.F.O.P.」のT.G.の部分は、ティッピーゴールデンすなわちゴールデンティップが含まれていることを表しています。

.

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 仕入れ渡航

日々是紅茶

当店にお越しいただきありがとうございます。
店長の前川です。

年に数回、原産地に行き、茶園にてティスティング仕入れを行ったり、その知識を活かして紅茶教室なども行っており、紅茶教室のご用命なども承れます。

一人の紅茶好きとして紅茶の仕事に携わり、紅茶がより多くの人に愛されるように努めたいと思います。

写真は、ネパール・イラム村にて。
紅茶テイスティングのプロフェッショナル、ハリ・グルンさんと。

------------------------
移転しました!!
住所:〒770-0865 徳島県徳島市南末広町4−1 イオンモール徳島1F開店時間:10:00-21:00定休日:無しMAP
------------------------

日記と知識と無駄口とが混在したブログは、下のリンクから。
店長日記はこちら >>

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ